リヨンからル・ピュイ・アン・ヴレへの行き方【列車・巡礼者用の宿情報】

スペイン巡礼

こんにちわ、わらびです。

とうとう始まるスペイン巡礼!

巡礼路にはいくつかルートがありますが、私が選んだのはフランス4大巡礼路の中で最も美しいと言われる「ル・ピュイの道」。

街の大聖堂では毎朝巡礼者を送り出すセレモニーが行われることでも有名な人気の出発地です。

出発地のル・ピュイ・アン・ヴレにはフランスのリヨンからアクセスするのが基本。

この記事ではリヨンからル・ピュイ・アン・ヴレへの列車での行き方を紹介します。

リヨンからル・ピュイ・アン・ヴレ

スペイン巡礼でいくつかある中でも人気のルート「ル・ピュイの道」の出発地となる「ル・ピュイ・アン・ヴレ」。毎朝巡礼者を送り出すミサが行われることでも有名。

巡礼に向かう人の多くもアクセスする場合はリヨンからとなると思いますが、バスが無いため必然的に「TER」というフランス国鉄で行くことになります。

また、直行便も無いので「Saint-Étienne(サンテティエンヌ)」という街で1度乗り換えが必要。

曜日や季節によって運行スケジュールは違い、乗り換え含め2時間半~3時間で到着

運行スケジュールはフランス国鉄SNCFのHPで確認できます。

①リヨン→サンテティエンヌ

リヨンでの出発駅は「Lyon Part Dieu」。

一番大きいリヨンの中央駅なので地下鉄やバスで簡単にアクセス可能。

入り口を入るとすぐのところにTERと書かれた青い機械が何台かあるのでそれでチケットを購入します。

サンテティエンヌで乗り換えなので行き先は「ST ETIENNE CHATEAUCREUX」を選択。

あとは乗車日と席のクラスを選択しチケットを購入。

リヨン→サンテティエンヌ、13ユーロ(2ndクラス)。カード払い可能

機械の選択方法がダイヤル式とは気付かず、画面に触れたり真ん中の緑のボタンを何度も押していました。1分くらいいじくりまわして強めにボタンを押したところでダイヤルが少し回転し気が付く。

よく見たら横に矢印ついてますね。

列車は全席自由席、中は驚くほどキレイでトイレも完備されています。

画像は1階のセカンドクラスのもの。

快適そうではありますが、TERをはじめとしたフランスの交通機関内では置き引きやスリが非常に多いそうです。

50分ほどサンテティエンヌに到着。ここでル・ピュイ行きの列車に乗り換えになります。

リヨンから行く場合、乗り換えのル・ピュイ行きの列車が来るまで30分~1時間の待ち時間ができます。

②サンテティエンヌ→ル・ピュイ・アン・ヴレ

サンテティエンヌでは1時間ほどの待ち時間ができたので駅の周辺を軽く散策。特に見るような場所もありませんでした。

駅に戻りチケットを購入。

リヨン駅では苦戦させられたダイヤル式の券売機、今度は勝手を知っているのでスマートに購入することに成功。

サンテティエンヌ→ル・ピュイ=アン=ヴレ、18.1ユーロ(2ndクラス)

サンテティエンヌを出た列車はフランスの田舎を走り抜けル・ピュイへと。ここからは各駅で停車する度に巡礼者らしき人達が乗り込んでくるようになりました。

リヨンを9時半に出発してル・ピュイに到着したのは12時半前。

サンテティエンヌでの乗り換えの待ち時間も含め合計3時間ほどかかりました。

ル・ピュイで泊まった巡礼宿

ル・ピュイは巡礼の出発点なので、巡礼者向けの「Gîte(ジットゥ)」と呼ばれる巡礼宿があります。

私が宿泊したのもその中の一つ、旧市街の西側にある「Gîte La Découverte

宿の設備(2023年5月時点)

  • キッチン(自炊可能)
  • WiFi
  • ロッカー
  • ドミトリー1泊3600円

宿に管理人は常駐しておらず、夕方の5時以降にやって来ます。

それより前に着いた場合、予約サイト経由で送られてくるメッセージにドアの暗証番号が送られてくるので、それを使って入ることが可能。

管理人がやって来ると翌日の朝食の有無を確認され、必要な場合はここで追加料金を支払います。

朝食はパンやフルーツなどを紙袋に詰め合わせた弁当のようなスタイル。ロビーの机の上にそれぞれ名前が書かれた状態で乗っています。

まとめ

時間料金
リヨン→サンテティエンヌ45分13ユーロ
乗り換え待ち60分
サンテティエンヌ→ル・ピュイ80分18.1ユーロ

※時間と料金は2023年5月時点のもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました